目撃情報の多い地震雲ランキングBEST3!

no.1

帯状形地震雲

地震雲の目撃情報として最も多いとされているのが、帯状形地震雲と呼ばれる雲です。なんと目撃情報の約7割を占めていると言われており、東日本大震災の前兆としても目撃されています。この雲を見かけたら警戒しましょう。

no.2

波紋形地震雲

次に目撃情報が多いとされているのが、波紋形地震雲と呼ばれる地震雲です。目撃情報の約1割を占めていると言われています。特徴として、雲が水面に浮かんでいるかのように長く続いています。

no.3

放射状形地震雲

ごくわずかな目撃情報ですが、わずかにこの放射状形地震雲の目撃情報が多いとされて第3位にランクインです。目撃情報の数パーセントを占めていると言われています。目撃から3~4日で発生すると言われており注意が必要です。

地震予測について

地球

地震大国日本

地震大国日本と呼ばれるように、我が国では毎年多くの地震が発生しています。それ故に、日本では地震を予想する技術が発展しています。例えば、地震を予知するアンテナというものが存在します。

地震アンテナとは?

地震を予知するアンテナとは、地震が発生する約1週間前から、地球上と宇宙空間の両方のわずかな電波の変化を計測して、地震の規模や場所、日時を予測するものと言われています。

地震に関する疑問を解決しよう!

地震雲って信用して良いの?

地震雲は、地震を予想するツールとして注目されていますが、未だに明確で科学的な根拠は無く、研究が進められている段階だと言われています。しかし、あの東日本大震災の前兆として各地で地震雲が発生していたと言われており信頼性が無いものと言い切ることはできないようです。

地震はどのように伝わるの?

地震にはP波とS波と呼ばれる2種類の波が時間差で伝わります。P派の方が速度が速く、地震が起きてから最初はソワソワと揺れ始め、続いてS派が到達してユラユラと揺れるのが地震の一般的な揺れ方になります。

地震を予測することはできるの?

現在の日本では、地震予測の技術が急速に進歩しています。地球上と宇宙空間の電波の変化をもとに予測する方法や、過去の統計から予測する方法までさまざまあります。やはり、天変地異は絶対的に予測することは今の段階では不可能ですが、パーセンテージを使って「可能性」として予測することは可能とされています。

新着情報

広告募集中