アンテナ予知|地震の予想方法について知って万が一に備えよう!|ロゴロゴロ

地震予測と事前の対策が重要

最近では、アンテナを使用して地震を予想する方法が開発されています。また、それとは別に個人単位で防災に備えることも大切です。いざという時のために、以下で詳しく見ていきましょう。

いざという時のために揃えておきたい防災グッズ

ライフラインの確保に非常食

地震を100%予想することは不可能です。しかし、あらかじめ防災に備えることは可能です。地震が発生してしまうとやはり困るのが食料品や飲料水です。事前にライフラインを確保できる物を備蓄しているだけで安心です。

情報に関する物

大地震が発生してしまったら、地震の状況や今後の予想、避難所に関する情報などを収集する作業がとても大切です。携帯ラジオを用意しておきましょう。また、身分証明書や連絡用のメモなどを準備しておくとさらに安心です。」

衛生を管理する物

震災が起きたあとに疫病や感染症などの二次災害が発生する場合があります。マスクや簡易トイレなどをあらかじめ用意しておきましょう。衛生面をしっかり管理しておくことで、二次災害を防ぐことができます。

アンテナ予知

グラフ

地震の予知

地震は自然災害の1つで、絶対的に予想することはできません。しかし、地震をある程度予知することができるとされています。地震予知と言っても、主に、地震の場所、大きさ、日時だと言われています。より具体的に予想するためにさまざまな研究が進められています。

アンテナを使った方法

地震の予測の方法の一つとして、アンテナを使った方法が挙げられます。具体的にアンテナを使ってどのように予想するのかというと、地上と空中の電波、さらに宇宙空間の電波の微妙な変化を観測するのです。電波には地震の前兆現象があると言われており、電波の変化を観測してから約数週間後に地震の発生を予知できると言われています。

活発なプレートに囲まれている日本

また、統計を使った方法があります。地震には規則性があると言われており、数十年または数百年のペースで同じような地点で起きる場合が多いです。プレートの活動が活発な場所とそうではない場所などがありますが、ある程度は予想できると言われています。

恐れられている南海トラフ地震

特に日本は活発なプレートに囲まれており、このような統計が数多くあるとされています。東日本大震災が発生したプレートもそのような活発なプレートの1つだといわれています。また、南海トラフ沖にもかなり大きなプレートがあるとされているので、今後統計学を利用した予測が注目されています。

広告募集中